ドキュメンタリー映画祭_ページ_1 ドキュメンタリー映画祭_ページ_2毎年恒例の「優れたドキュメンタリー映画を観る会」vol.28のラインナップが出ました。同会主宰者の飯田光代さんからチラシやチケットをお預かりしています。今回のテーマは「舟はゆっくり 朝日を浴びて」。前夜祭が伊勢真一監督の「傍(かたわら)—3月11日からの旅—」の完成記念上映。4月20日19時開演からとなります。会場はいわずとしれた下高井戸シネマ。下高井戸駅前の京王線随一の名画座です。21日から28日までの特集上映では、2011年山形ドキュメンタリー映画祭で優秀賞を受賞した中国のホー・ユェン監督による「阿仆太(アブダ)」や渡辺智史監督の「よみがえりのレシピ」、赤崎正和監督の「ちづる」、松江哲朗監督の「トーキョードリフター」など話題作がたくさんあります。前夜祭は2000円、一般は1000円です。20日はぼくもかけつける予定です。