Kunitachi
 毎年、国立市公民館で「国立ブックカフェ」という文学講座の企画に関わっていますが、昨年書いた『検閲と文学 1920年代の攻防』にちなんで講演をすることになりました。

日時・場所:8月26日(木)19時〜21時 国立市公民館3階講座室

標題:検閲と文学−−言葉はどのように「蹂躙」されたか−−

せっかくなので、本のあらましを紹介するだけでなく、実際の本や雑誌の爪痕を確認するとともに、その後、得られた情報や考えをもとにしながら話をしようと思っています。ご関心のある方は足をお運び下さい。