2月は入試シーズン。何かあったときのために入試実施日の前日は、ホテル泊まり。4回、試験があるので、4回泊まり。センター試験対策がスタンダードになって、そのやり方を各大学も模倣せざるをえなくなってきたのです。しかし、朝6時起きして、早朝の新宿を高層ビルから眺めることになりました。いろいろな天候のときもありましたが、こうして眺めると、新宿御苑の緑がセントラルパークのように見えますし、朝焼けのなか車や電車が動き出しているさまは美しくさえあります。地上の汚れを離れると、すべてが美しく見える。それは天守閣のようなものなんでしょう。都庁の最上階の人が余計なことを言い出すのも、まさにこうした「上から目線」によるものなのだと思います。結局、韓国からの友人と飲んだ日は、久しぶりにゴールデン街を徘徊しました。名所旧跡になってきたゴールデン街自体がもはや世界遺産かもしれないですが。