熱海の自宅から車で2〜3分のところに般若院という寺院があります。伊豆山の中腹、伊豆山神社に向かう途中ですが、一年ほど前からここに足湯が出来ました。般若院さんのところにはもとから伊豆山温泉の源泉が湧いていたそうなんですが、これを一般にも開放しようと足湯を作ってくれた。神社の手前にある魚屋さん、お肉屋さんを贔屓にしているぼくとしては、お買い物にいく途中で必ず通る道すがらなんだけれど、いつも近所のお年寄りや子供連れもお母さんなどが来ています。足湯というと熱海では、熱海駅前と、梅園のなかの足湯が知られていますが、どちらかは沸かし、どちらかは継ぎたしだそうなんです(ここの足湯を使っているおばあちゃんの噂)。で、ここに入ってみると、かなり熱いんだけど気持ちがいい。そこで足湯につかりながら撮った写真がこれ。電線がうるさいけれど、その向こうに初島が見えます。伊豆山の水葉亭というホテルなども見えます。小さな足湯ですが、地元のひとたちで自宅に温泉をひいている人はそんなに多くありません。そんななかで般若院のいきなはからい。ひとりで足をちゃぽちゃぽさせながら、ゆっくり海を眺めているおばあさんなんかいて、なかなか恰好いい。このときばかりは時間がゆっくり流れていました。

Sn3j0027

Sn3j0030