MOA美術館で薪能を見る。毎年、1、2日の二日間開催していて、今年は予約を忘れていたのですが、なんとご近所の方が鑑賞券のチケット余ったからと言って、今朝くださったのです。感謝、感謝。
この薪能、予約制で、しかも無料というのがすごい。さすが世界救世教。ふだん世界を救うためにちゃんとやっているのかなと疑っていてすみませんでした。で、18時開演ということで出かけてみると、傾斜した芝生のなかに能舞台が用意されてて、向こうにははるかに海が見えています。今夜は2000人の予約があったとかで、ひとがびっしり。さすがに舞台までは遠かったですが、十分楽しめました。演目は宝生流「巻絹」と狂言「昆布売」、それにふたたび宝生流「船弁慶」。携帯の写真ですが、雰囲気は伝わるかと。

Sa290034

Sa290033