春休みも十分にとれないうちに、新年度を迎えてしまいました。
今日は午前中に学科の研究室会議。大学院改革を進めるなかで、明日、配布する資料の検討がまだつづいている。にわか仕立てもどうかと思うけれども、あきらめないという点では国文のセンセーたちの根気は評価すべきでしょうね(自画自賛?)。
午後からは教授会。またまた歩留りの予測ミスがあり、入学者数が多すぎたことが判明。実定員を割らないようにという予算上の不安から強気になれないのだろうけれど、教室内がいっぱいになりすぎて教育効果が落ちる。英語は急に増コマせざるをえないという話も出ているそうな。
夜は、学科の歓送迎会。去る人、来る人、しみじみしながらも楽しくにぎやかに。