さて、下高井戸シネマで、優れたドキュメンタリー映画を観る会の主催による「ドキュメンタリー映画特集」が今年も開催されます。もう早くも21回目。4月19日から26日までの一週間です。今年は「遙かなる記録者の道—いのちの文化を求めて—」と題して、姫田忠義の映像民俗学をテーマにしたドキュメンタリーを筆頭に、長短14本の映画が上映されます。詳細はこちらへ。18日には「遙かなる記録者への道—姫田忠義と映像民俗学—」の上映と、民族文化映像研究所の姫田さん自身による講演付きの前夜祭がおこなわれます。ふるってお越しうださい。前売券や一般鑑賞券は紅野もあずかっています。文理学部の関係者はご連絡ください。