下高井戸シネマで、第19回目のドキュメンタリー映画特集が始まりました。この日は前夜祭で、リ・イーファンとイェン・ユィという2人の共同監督になる中国映画「水没の前に」が上映されました(WOWOWで近日放映)。これは1992年に着工され、2009年に完成するという世界最大の三峡ダム建設をめぐる映画で、重慶に近い四川省の奉節という都市がまるまる水没してしまう。そのため何万人もひとびとが移住を強いられるのですが、当然ながらそこに格差があり、葛藤があり、混乱がある。そのプロセスを2002年から2003年にかけてその街に住み込んで撮影したもの。奉節という街は李白の詩にも詠まれた風光明媚な都市で、長江の流れと切り立った山々の風景が有名なところ。そこにあふれている荷役労働者たち、かれらを泊める木賃宿の経営者、公認されたキリスト教の教会、移住局の役人たち、さまざまなひとびとの横顔が切り取られている。映画の後半、冒頭に映っていた高層ビルやアパート、教会などが次々に倒壊し、瓦礫の街に変じていく。1995年に日本では関西の大地震があり、2001年にはNYで世界貿易センタービルが崩壊したのだが、中国では相前後してこの奉節という街で都市の解体が行われていたことをようやく目の当たりにしたように思う。このときアフガンでもイラクでも都市の破壊/解体がつづくわけで、この10年、世界はいたるところで瓦礫の山を作っていたんですね。ゲストの山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア部門コーディネーターの藤岡朝子さんによると、この映画を見たジャ・ジャンクー(賈樟柯)が急きょ製作したのが「San xia hao ren」で、2006年のヴェネチア映画祭でグランプリをとったそうです。ここに出てくる木賃宿の親父さんも素人ながら俳優として出ているそうな。こちらも期待大です。Beforetheflood02