12月例会が始まった。国際研究集会となった今回の例会は、発表者70名、8つの会場という「史上最大」の集まりとなる。ホスト校の関係者なので無事に運営されるかどうかが心配だったけれども、今のところは金子運営委員長の差配のもと、スムーズに各会場ともに進行しているようです。ぼく自身は「日韓文学の関連様相」のパネルに来ています。たいへん高度な議論が展開しています。